ジアリフレの口コミや評判|効果や使い方についても

除菌・ウイルス対策・消臭に次亜塩素酸水を含むジアリフレについて、口コミや評判、効果や使い方などについても確認していきます。

ジアリフレの良い口コミや評判|メリット、効果や使い方も

ジアリフレは良い口コミや評判がインターネット上などで確認することができます。

それらを見ていきましょう。

1種類で色々な目的に使用することができる|使い方は?

1種類あれば色々な目的に使えるので便利

ジアリフレ1種類で多くの用途に使える点についての口コミです。

ジアリフレの成分である次亜塩素酸水は除菌・ウイルス対策、消臭など非常に多くの目的に使えることが知られています。

例を挙げると、キッチン・トレイ・浴室、ペット臭、タバコの臭い、ベビー用品、ドアノブや取手、空間除菌など様々な場面で役立ちます。

このような多くの目的に使えるのがジアリフレの大きなメリットの一つです。

なお、ジアリフレの使い方としては、原液で購入した場合は400ppmであるため、5倍程度に希釈して使うのが良いでしょう。空間除菌では、専用の加湿器(噴霧器)が80ppm以下とされているため、最低でも5倍希釈して使うようにしましょう。

子供や高齢者がいても安全に使用することができる

安全な成分なので子供や高齢者がいても安心

こちらはジアリフレの安全性に関する口コミです。

ジアリフレの成分である次亜塩素酸水は非常に安全性が高いことでも知られています。

有機物に触れると水に戻るという特徴があるため、子供やお年寄りがいる環境でも安全に使用できます。

また、次亜塩素酸はもともと体内でも作られるような成分であるため、万が一口に含んでしまっても少量であればあまり問題ないとされています。

このように非常に安全性が高い点もジアリフレのメリットの一つです。

ウイルス対策にも最適|効果は?

ウイルス対策としても使いやすくて最適です。

こちらはウイルス対策として使っているという口コミです。

ジアリフレの成分である次亜塩素酸水は、新型コロナウイルスに対する効果は正式には実証されていません。

しかし、4/15に経済産業省より新型コロナウイルスに対する有効性の評価対象の一つに、次亜塩素酸水が選ばれたことが発表されており、今後正式な効果が認められる可能性が高まりました。

医療機関の現場などでも次亜塩素酸水でウイルス対策を実施しているケースがよく見られ、これらのことから、次亜塩素酸水は現状でウイルス対策に適している成分の一つと考えられます。

ジアリフレの悪い口コミや評判|デメリットは

メリットが多いジアリフレですが、中には少し悪い口コミやデメリットと言えるような内容もあります。

保存が難しく徐々に効果が落ちる可能性

ジアリフレに限らず、次亜塩素酸水の製品は、保存が難しいというデメリットがあります。

紫外線に当たると水に分解される他、直射日光をさけても製造後から徐々に水に戻ってしまう性質があります。

消臭の目的であれば、多少効果が落ちていても問題ありませんが、もし、厳密な除菌やウイルス対策の場合、なるべく新品の製品を使うのが安全であり、定期購入などで一定の期間ごとに新しい製品を使うのがベストと言えます。

原液は希釈して使う必要がある

ジアリフレは原液で購入した場合は濃度が400ppmに設定されており、通常は希釈して使います。

しかし、次亜塩素酸水は希釈の際に少量の雑菌などにも反応して効果が落ちる可能性や、pHの変化でも効果に影響がでる可能性があります。

また、間違った濃度で使用するリスクもあり、仮に原液のまま間違って使用しても極端な危険性はありませんが、多少の刺激感などがある可能性はあります。

もし、希釈するのが手間であったり、効果や安全性をより重視したい場合は、工場出荷の時点で、どのような目的にも使える濃度の次亜塩素酸水製品で代用するのも良いでしょう。

専用の加湿器(噴霧器)がやや高額

ジアリフレの少しデメリットと言える部分として、空間除菌をする際の専用加湿器(噴霧器)の値段がやや高額という点が挙げられます。

ジアリフレの専用の加湿器(噴霧器)は家庭用でも35,000円〜46,000円(税抜)とやや高額であり、ジアリフレの原液と合わせたスターターセットは、楽天やamazonでも50,000円台となっています。

専用の加湿器(噴霧器)はかなりの高性能であるため、妥当な金額と言えますが、もう少しリーズナブルな値段に抑えたい場合は、他の製品で代用するのも有りでしょう。

ジアリフレの代わりになる製品は

長期保存で効果が落ちるの心配、希釈せずに使える次亜塩素酸水が良い、加湿も含めコスパが良いものが良いなどを考える場合は、他の次亜塩素酸水製品を探す必要がありますが、以下の点に着目する必要があります。

・できれば定期購入(常に新品の効果が高いものが使える)
・希釈せずに使える(希釈しないため効果が落ちない、安全に使える)
・コスパが適切である(加湿器も含めリーズナブルな値段)

上記のような条件を満たす製品は多くありませんが、例として「除菌水ジーア」があります。

除菌水ジーアは定期購入の形式であり、毎月工場から作りたてに製品が送られてくるため、保存による劣化の心配がなく、常に新品の効果が高い次亜塩素酸水が使えます。

また、最初から濃度が60ppmに設定されており、個別のスプレーや加湿器を使った空間除菌、いずれも希釈せずに使えます。

コスパに関してもキャンペーン期間中であれば、専用の超音波加湿器が無料でプレゼントされ、月額は28日分で3,900円(税抜)であり、1日あたりは140円程度となります。

除菌水ジーアの欠点として、定期購入の契約期間が2年であり、契約期間内の解約は違約金10,000円がかかる点があります。しかし、キャンペーン期間中絵あれば超音波加湿器が無料でもらえるため、違約金を払っても超音波加湿器代と考えるとそこまでの損ではありません。

また、ハーバード大学の研究者などは新型コロナウイルスの流行が2022年まで続く可能性を指摘しており、次亜塩素酸水でウイルス対策を行う場合はかなりの長期間になる可能性があり、消毒液や除菌水はかなりの品薄や欠品が続くことが予想されます。

このような状況で定期契約をするのは、除菌水の当面の在庫を予め確保しておけるメリットともなり得るため、継続してウイルス対策をする場合には、除菌水ジーアは良い選択肢の一つと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました